余興をしましょう

一昔前の忘年会では新人が余興をするというのは当たり前の光景でしたよね。しかし、徐々にその流れはなくなり、今では余興をする忘年会はほとんど見られなくなりました。パワーハラスメントなどのコンプライアンスが厳しくなったのもありますし、余興をやった所で、特別に盛り上がったりしないという理由が余興が無くなったメインの理由なのではないかと思います。

 

難波の個室完備の居酒屋が人気です

 

そんななか余興を自分たちでやるのではなく、外部に委託するサービスがあるのです。今人気なのが手品師を呼んで忘年会で手品を披露してくれるというサービスです。新人が例え余興で手品をすると言っても、やはり手品を練習しなければなりませんし、会社の新人だけでなく、手品においても新人ですので、間違えてしまったりする可能性は大きく、場を盛り上げるどころか、かえって白けさせてしまう可能性だってあるのです。

 

阿具楽-あぐら- 新潟駅前店

 

そんななかプロフェッショナルの手品師が手品を披露してくれたら、みんなの感嘆の声が聞こえてきますよね。特にただ手品を披露するだけでなく、参加者も参加できるような手品をしてくれたら、自分も参加している気分になりますので、とても忘年会が盛り上がるのです。

 

http://r.gnavi.co.jp/m5yth3z70000

 

確かに忘年会のシーズンになると、そういった余興をやってくれる人たちも忙しく、なかなか予約を取ることが出来ないことが多いのですが、手品師の他にもパントマイマーなどの様々な余興をしてくれる人がいますので、是非外部に委託するというのも面白いのではないでしょうか。もちろん自分たちで余興が出来るのであれば、それはそれで面白いですよね。