下見をしよう

忘年会を成功させるか否かのポイントは下見をしているかということです。下見をしているかしていないかが忘年会の成功にかかっているといっても過言ではありません。一度いった事があるお店を忘年会の会場に選ぶことがポイントです。

 

銀座にある話題のフレンチ

 

ただ単に一度いった事があるだけでは、100パーセント完璧とは言えません。忘年会シーズンはどこのお店も予約で一杯です。そのためいつもとは違う内装になっているかもしれませんし、例えば、いつもなら全席個室なのに、忘年会シーズンだけは個室を取り払っているかもしれません。ですので、忘年会シーズンの混んでいる時に、ご飯は食べなくても構いませんので、一度お店に足を運んで、実際自分たちがどこの席に座るかを確認しに行くことがベストです。もしかしたらお座敷かもしれません。

 

蔵之助-Kuranosuke-梅田店

 

足が悪い人にとってはお座敷は苦痛ですよね。きちんとそういった事を見に行っておくことで、忘年会が成功するのです。足を痛めている人がいたら、他のお店を探さなければいけなくなるかもしれませんし、隣の席の人との距離が近すぎて、大事な会話が出来ないかもしれないですよね。

 

https://r.gnavi.co.jp/kakj714/

 

忘年会の予約をしたら、そのお店に行って自分たちがどこに座るのか、どういうメニューが出されるのか。というのを前もって調べておくことが大切です。幹事になってしまうと、お店選びの他、人数の確定などやらなければいけないことが沢山あって大変かと思います。時間のない中、下見なんか行けないと思います。しかし、是非下見だけは忘れないようにしましょう。下見が忘年会を制するのです。