忘年会の二次会は全て交際費なの?

もっぱら従業員の慰安のために行われる忘年会で、通常要する程度の常識的な費用は原則として福利厚生費となりますが、二次会は交際費と考えられています。
これは税務当局の考え方で、「二次会はおおむね任意参加となること」とそのことで「特定の従業員に対する接待供応」とみなしていることによります。

 

税務当局のイメージしている二次会は、高級クラブで役員や主要なメンバーを接待供応するような二次会をイメージしているのです。
しかし、税務当局がイメージしているような二次会をやっている企業や団体などは、今どき、まずありません。
二次会は男性だけの世界ではなくなってきており、二次会は女性も参加できるような場所を選んで行う場合が多くなっているのです。

 

一次会は居酒屋で開催したあとそのまま二次会としてカラオケで盛り上がるような忘年会や、忘年会に引き続き二次会に全員参加のボーリング大会やカラオケ大会を実施するといった2部構成の忘年会も多くなっています。

 

税務当局も、「二次会だから交際費」と考えているのではなく、「特定の従業員への接待供応にあたるから交際費」との判断なのですから、前述したような特定の従業員への接待供応にあたらなければ、二次会であっても福利厚生費で処理できると思われます。

 

しかし、二次会の費用を福利厚生費として処理するためには、次のような注意が必要です。それは「当初から、一次会同様に二次会が企画されていること」「ほぼ全員の参加が、事前に決まっていること」「二次会の費用が高額でないこと」、さらに「それを証明する証拠資料があること」を満たすことが条件になります。
二次会にはこういったスポーツバーもいいかもしれません。http://b-65536.com/