忘年会費用の会社負担について

会社が忘年会の費用を負担する場合、それが「全額か一部か」といったことに関係なく、経理処理において注意しなければならないことがあります。経理担当が適切に処理すればいいことなどと言わないで、原則的なことくらいは知った上で幹事を務めたいものです。

 

会社が負担する費用は、忘年会が2つの要件を満たしていれば「福利厚生費」で経理処理できます。しかし、要件を満たしていないと役員給与や交際費として処理されることになり、会社の損金にできないこともあるのです。

 

その要件の1つは、「従業員全員を対象とした忘年会であること」です。もっぱら従業員の慰安のための費用であることが必要ですから、役員や幹部社員だけ・一部の部門だけ・有志だけの忘年会などの場合は、福利厚生費として処理することはできません。
その場合は、交際費や給与・賞与などで経理処理されます。なお、福利厚生費として処理することができるのは原則として一次会までで、二次会や三次会などは有志による参加と税務当局は認識しているため、福利厚生費での処理は認められません。

 

また、海外で開催した忘年会、風俗店での忘年会などでの会社負担も、福利厚生費としては処理できません。

 

もう1つの要件は、「通常要する程度の常識的な費用であること」です。常識を超える高額な忘年会の費用は、福利厚生費での処理は認められません。

 

また、ゲームなどの景品代も、常識的な範囲内の金額のものであれば福利厚生費として処理できますが、高額な景品や景品として現金を渡した場合や忘年会の参加費を現金で社員に支給した場合も、給与として取り扱われます。