豚の角煮

甘辛くて、こってりで、やわらかく煮込まれた、つやつやの豚の角煮。からしをつけ、一口食べると、旨味たっぷりの汁が口の中にじゅわっと広がります。豚肉の角煮も、居酒屋での定番人気メニューのひとつと言っていいでしょう。とりわけ、一人暮らしをしている人は、材料をそろえるのも作るのも時間がかかりめんどくさいし、作ったとしても結構な量になるので、ひとりでは消費するのも大変ですよね。また、一人で食べるのも何か物寂しいものですし。そうなると、豚の角煮は、ビールやお酒と一緒に、居酒屋で悠々と食べたい料理のひとつになります。

 

 

 

豚の角煮は、脂ののった豚ばら肉で作られるので、高カロリーが気になりますが、調理段階で、まず、豚ばら肉の表面を焼き、焼いた豚ばら肉を1〜2度ゆでこぼします。そうすることで、余分な脂が除去されます。また、コトコトと煮込んでいるあいだにも、煮汁に脂は溶け出すので、あまりカロリーは気にすることはないでしょう。

 

梅田の個室なら居酒屋本陣

 

豚肉は、必須アミノ酸を十分に含んだタンパク質や、ビタミンB1、そしてコラーゲンなどがたくさん含まれています。コラーゲンというのは、みなさんもご存知のように、お肌の張りを保ち、お肌をプルプルにしてくれる成分ですよね。コラーゲンがいっぱい入った豚の角煮を、女性のみなさんはおいしくたくさんいただくようにしましょう。

 

博多 居酒屋 個室 くすくす

 

そして、付け合せで出てくるインゲンや、ブロッコリーなども残さずにいただき、サラダなども別注文で十分に補いながら、野菜を摂取することも決して忘れないでくださいね。