忘年会の基本的知識記事一覧

お洒落な忘年会にすれば忘年会はほぼ成功します。お洒落な忘年会というと、漠然としたイメージがあって、何がどうお洒落なのか良く分からないかと思います。しかし、それでいいのです。何をお洒落にしても良いのです。忘年会が終わった後に、「今日の忘年会はお洒落だったね」と言われれば良いのです。例えば、忘年会の会場...

最近の外食産業のトレンドって「楽しさ」に重きを置いていると思いますか?最近では鰻の値段が高騰したり、消費税の値上がりが決定したりと、外食産業にとっては厳しい事がいくつかありました。原価の値段が上がってしまった場合などは、お客さんに提供するときの値段も少し上げなければ行けず、それによってお客さんが少な...

専門店と聞くと、皆さんどんなイメージがありますか?ただ単に専門店ときくだけで、美味しいというイメージを持たないでしょうか?確かにある食材の専門店ですので、その食材の事を良く研究し、その食材が一番美味しく食べられるように料理されているので、美味しい事には間違いありません。ただ同時に何となく高いというイ...

広辞苑によると「その年の苦労を忘れるために年末に催す宴会」とある日本の風俗の一種で、その発祥は鎌倉時代からとも室町時代からともいわれる宗教的意味付けや特定の行事様式はありません。年末に台湾中の会社主催で行われる社員がチームを組んで歌を歌う・仮装する・一芸を披露するなどが定番の年に一度のイベントである...

忘年会の会費をいくらにするかは幹事さんの腕の見せどころですが、ネット情報だけでは参考になりにくい面があります。それは、会社からの補助があるかどうか・積立方式をとっているかどうか・社員がいくらなら納得するかなどによって全く違ってくるからです。ネット上のアンケート結果はこうした条件を加味しないで行われる...

会社が忘年会の費用を負担する場合、それが「全額か一部か」といったことに関係なく、経理処理において注意しなければならないことがあります。経理担当が適切に処理すればいいことなどと言わないで、原則的なことくらいは知った上で幹事を務めたいものです。会社が負担する費用は、忘年会が2つの要件を満たしていれば「福...

もっぱら従業員の慰安のために行われる忘年会で、通常要する程度の常識的な費用は原則として福利厚生費となりますが、二次会は交際費と考えられています。これは税務当局の考え方で、「二次会はおおむね任意参加となること」とそのことで「特定の従業員に対する接待供応」とみなしていることによります。税務当局のイメージ...

ネット上には、「忘年会会場や帰り道での怪我や骨折などに労災が適用されるかどうか」をたずねる書き込みが多数見られます。また、弁護士など法律の専門家による書き込みへの回答も情報開示されています。結論としては、「業務災害」としても「通勤災害」としても認定されることはほとんどないとの回答です。ここでは、なぜ...