忘年会を計画する前にやっておきたい事:当日の司会進行は担当を割り振る

忘年会の司会の役割は重要で、楽しく一年を締めくくることができるかどうかがかかっています。
大事なことは一人で背負い込まないことです。下手をすると、飲み食いすら満足にできなくなってしまいます。自分が楽をして、参加者も楽しめる方法を考えましょう。

 

良く行くお店は桜木町 居酒屋

 

忘年会においてメインの司会が最低限、進行しなければならないのは、最初の乾杯と最後の中締めを指名することです。思い切ってその他の進行は、担当を決めて割り振ってしまいましょう。

 

 

 

余興はいくつかのグループごとに進めるかたちになると思いますので、それぞれのグループから司会を出してもらうようにします。どのグループの余興がうけたかをグループ対抗戦にして、ちょっとした賞品なども用意すれば、その人たちが盛り上げ役になってくれるはずです。次のグループへの引継ぎもお願いすれば、全体の進行もよりスムーズになります(マイクの受け渡しで時間がかかると空気が冷めてしまいがちです)。

 

ツケアワセ 京橋店はコチラ

 

できるだけ多くの人が関わるようにするのがベターなので、ビンゴゲームやじゃんけんゲームなど全員参加のゲームをやるときにも、担当者を決めて進行を任せましょう。

 

 

 

担当者の人選は慎重に行う必要があります。場を盛り上げる人は必要ですが、同じようなタイプばかりだと、かえって白けてしまう危険があります。真面目な人が訥々と進めると、周りが盛り上げてくれますので、そういったタイプも入れておきましょう。自分の目に自信がなければ、どこにも人間観察が得意な人がいるので、そうした人を探しだして相談するとよいでしょう。

 

赤坂見附 居酒屋