忘年会を計画する前にやっておきたい事:お酒の種類は上司にヒアリング

忘年会シーズになってきました。あちらこちらの集まりの忘年会に参加する人も多いでしょう。
1年の締めくくりに、職場や親しい仲間と集まって労をねぎらいあうのは楽しいですよね。仲間との連帯もより一層深まりまる事でしょう。
しかし、楽しんでばかりいられない人もいます。忘年会の幹事になったら大変です。特に職場の忘年会の幹事になると、楽しむどころかユウツな気分になりますよね。

 

お店ってどこがいいか迷いますよね。銀座 居酒屋は何を食べても美味しいのでうれしいです。

 

日程や参加人数、お店選びやメニュー選び、そして予算など、考える事は山の様に山積しています。
すべての計画の前に、まず幹事さんがしなければならない事は参加対象者のスケジュールの調整です。

 

お店ってどこがいいか迷いますよね。難波 居酒屋は何を食べても美味しいのでうれしいです。

 

皆のスケジュールはもちろんですが、特に大切なのは上司のスケジュールの調整です。上司が参加できないなんて言語道断ですからね。
一番肝心の上司が参加できるようにまずは上司の参加できる日をヒアリングしてから日程を決定しましょう。
上司がたとえ、多忙で参加する事が難しい場合でも、少しでも顔を出してもらえる事が可能な日を聞き出しましょう。
そしてできるだけ日程は上司の意向を組んだ日程にするのです。

 

 

 

その中から、他のメンバが一番参加できる日を集約して調整すればいいのです。
ここまで段取りをしたら、ほぼ半分は忘年会の幹事の仕事は成功したと行っても過言ではありません。
あとはいかに皆に楽しんで喜んでもらえるかを考えながら計画すればとっても楽しい会となるでしょう。
頑張って計画してください。

 

道玄坂のオイスターバー スパイラル