忘年会を計画する前にやっておきたい事:恒例を先輩にヒアリング

忘年会となると、幹事の方は頭が痛くなるのではないでしょうか。
 幹事はどちらかというと、若い年齢の方がやらされるという事が
多く社交的で無い方や、お酒の席が苦手だなーっていう方も年に一度の
忘年会なんだからしかたなくでも参加しないといけないとは思います。

 

ここの船橋 居酒屋はスタッフの雰囲気が良いので落ち着きます。

 

 その為に、色々な事を先輩や上司の方にヒアリングしてスムーズな
ヒアリングの方法を聞いておきましょう。

 

 

 

・昨年のメニューや値段
  酒の席が少ない会社では、同じメニューでは飽きられてしまうとか。
  毎年忘年会はこのお店という定番が無いかを確認をとります。

 

お店ってどこがいいか迷いますよね。新宿 居酒屋は何を食べても美味しいのでうれしいです。

 

・上司の方の忘年会を状況を確認する。
  上司などの管理職の方は複数回、色々な回に参加されますので
  同じお店になっていないかを確認します。

 

いっぱいあって迷いますが有楽町 居酒屋はおすすめです。

 

・予算の割り振り
  会社から忘年回の費用が出るのか、また会費は均等割りなのか、
 もしくは上司の人から餞別がでるのかを事前に確認をしておく。
 餞別が出た場合は、挨拶の時に確実に、みなさんの前でお礼を言いましょう。

 

・余興の有無
  余興をする会社であれば、事前に割り振りを決めておく。

 

 

 

・予算の割り振り。
  予算が足らないことはあってはならないですが、あまらせすぎるのも
 よくないです。
 また、事前に二次会の予算は、別会費なのかどうかを確認する必要があります。

 

・席順の決め方。
  ある程度、席順は決めておきましょう。
  幹事の座る席や、上司の座るのはもちろん、若い人だけが固まらないように
 配慮する必要があります。

 

色々な事を確認して、忘年会がスムーズに進むようにがんばって下さい。