忘年会のコツ:最終的な条件はお店と交渉しよう

忘年会のシーズンが近づいてきました。盛り上がる忘年会ですが、幹事となると、頭を痛めることも多いです。場所や料理の内容、お酒を飲まない人への配慮とか、いろいろ考えなければならないことが多いからです。

 

 

 

中でも、最終的には、費用の問題になります。
当然ながら、お金をかければ豪華な料理も出せますし、サプライズの企画もできます。
しかし、現実には金銭的な制約の範囲内でやらなければならないのです。
難しいところですね。

 

渋谷で美味しいチーズフォンデュが食べられる店

 

ただ、会社での仕事と一緒で、最終的にはお店との交渉で、こちらに有利に持っていくしかありません。
忘年会といえば、お店は結構歓迎してくれます。
日時がはっきりしていますし、第一、人数がまとまりますので、いまのような不況の時代、お店にとってはありがたい話なのです。
そこで、幹事としては、まずはお店に対して、当方の希望条件をやや高めに提示するのです。
たとえば、最上の料理、フリードリンク、お土産つき、などと、欲張った内容のものを示すのです。
そうしたからといって、お店側から忘年会そのものを拒否される、なんてことはまずありません。
必ず、お店としては、やや下げた形の条件を出してきます。
そこからが本格的な交渉です。

 

 

 

神保町 居酒屋 浅草雷門き介

 

お店側に、できるだけいい条件をのんでもらうためには、最後の切り札が、予約金の納入です。
これをすると、お店にしてみればキャンセルはないとの判断で、かなり踏み込んだところまで妥協してくれるのです。
もちろん、こういったことは、直接お店の人と交渉しないことには話になりません。
お店の顔を見ながら、じっくりと話をすることで、説得力もでてきます。
楽しい忘年会は幹事さんの働きのおかげです。