忘年会のコツ:忘年会の一発芸は「備えあれば憂いなし」

あっという間に一年が過ぎ、今年も忘年会の季節がやってきました。しかし、幹事さんや入社間もない若い社員さん達には頭を悩ますことも多いでしょう。そこで今回は、忘年会に使える一発芸の万能アイテムをご紹介いたします。まず最初にご紹介するのは手ぬぐいです。とにかくかさばらないのでハンカチ代わりにポケットに入れておきましょう。

 

飲み放題が安い本当の理由

 

手ぬぐいなら、かぶって鼻の下で結べば泥棒テイストの見た目になります。ねじって巻けば気合の入った職人風になりますので、これでカラオケ1曲歌えばその場はたちまち盛り上がるでしょう。手ぬぐいは万能のアイテムですから、2枚ほど持っていれば使い方も広がります。

 

 

 

そして手ぬぐいと組み合わせて使えるアイテムはワインなどのコルク栓です。このコルク栓の片側を、ライターなどであぶるとコルクの部分がスス状になります。そのススの部分で顔をこすれば、どの年代の方にもウケる顔が作れます。眉毛をかけば今話題の芸人風になりますし、口の周りをぐるりとかいて手ぬぐいを被れば、本格的な泥棒顔でほぼすべての年代の方を笑わすことが出来るでしょう。

 

三宮の飲み会には個室居酒屋が最適

 

しかもコルク栓での顔の落書きは、おしぼりなどで拭けばすぐにきれいになりますので、男性女性問わず宴会の席で楽しむことが出来ます。宴会の一発芸といっても事前にしっかり準備したからといって必ず笑いが起こるとは限りません。その場のその時の空気を読まなければ一発芸はウケません。

 

 

 

万能アイテムとその場の機転を生かして披露したほうが盛り上がるのです。今年の忘年会は手ぬぐいとコルク栓で宴会を盛り上げてください。