忘年会のコツ:幹事のマナーとしての挨拶(あいさつ)心得

一年の締めくくりとして行われる忘年会は多くの場合12月(師走)に開催されます。

 

https://r.gnavi.co.jp/a058430/

 

中でも幹事と言い役割が一番大変です。お店を選んだり、日程を決めたり、挨拶などもしなければなりません。
しかし、その大変な幹事という役割もなくてならない存在なのです。ゆえに、忘年会が成功すれば、達成感はあるはずです。今後、また幹事役を頼まれたときの糧にも成り得る、いわば正念場です。

 

http://www.domestic.jp/

 

時代の進化とともに、忘年会シーズンが近づくと貸し切りにしてくれる店や、料理の種類や味、飲み放題・食べ放題など料金なども様々になってきました。そこで、やっぱり最後に肝心なのは幹事のあいさつです。

 

https://r.gnavi.co.jp/23bed20y0000/

 

人の前でのあいさつは緊張しがちで、なかなか思うように言えなかったりと、長くなってしまうので、言いたいことをきちんとまとめておくのもいいと思います。
さて、宴もたけなわ・一本締めという締め方をよく耳にします。しかし、一本締めというのは、よおー!パン。と一回手を叩いて締めるといのを想像するとおもいがちですが、そうではないのです。

 

 

 

正しくは、パパパン、パパパン、パパパン、パンが正しいのです。
これは、パパパン、パパパン、パパパンと九回手を叩きます。そこにパンと一回叩いて締めることで、一本締めというのです。それは、漢字で9は九、そこに一つ足すと丸となります。丸くおさめるというところから、一本締めで締めるのがよいとされ、よく聞く言葉となったのです。正しい締め方を知っておくことで、快く一年を締めくくれるとことだということです。