忘年会のコツ:会場を予約する時期

忘年会の幹事を悩ませるのが、予約の時期です。料理がおいしく立地の良い、人気の店舗であればあるほど頭を抱える問題と言えます。
会場として人気なのは、やはり会社帰りでも直行できる駅チカや会社近くの店舗でしょう。しかしその場合、会社がオフィス街にあれば予約は難しくなります。考えることは、みな一緒です。ライバルに打ち勝って望み通りの店舗で忘年会を開くならば、予約を行う時期と忘年会を行う時期を早め早めから考えておかなければなりません。

 

 

 

多くの場合、「個室あり」「静か」「雰囲気が良い」「料理がおいしい」「アルコールの種類と料理の種類が豊富」「駅から近い」など、絶対に譲れない条件を洗い出し自分で店舗を決めるか、上司から店舗の指定をうけてます。そのとき、忘年会の日時も決定します。

 

上野で評判の居酒屋 茜屋

 

まずここで重要なのは、この計画の立案そのものをより早い段階から行なっておくことです。それが不可能であれば、忘年会の日程を少し早めにできないか検討します。早めから動いておくことがポイントです。

 

 

 

次に、店舗へ早めからコンタクトを取っておきます。もしすぐに予約できるならば希望の日程を伝えておきましょう。まだ受付ができないと言われたら、希望の日程から逆算した受付開始日を尋ねておきます。そして、受付開始日に再度連絡を入れます。

 

 

 

早めから予定を立てておくことで、ライバルとなる外のグループより先に受け付けてもらえるので、可能であれば10月位から予約について上司と打ち合わせしておきましょう。