忘年会のコツ:忘年会の流れ

幹事がその流れを考えて進める事で、より楽しい忘年会にする事が出来ます。幹事は、一番早くにお店に行き、そこでセッティングを確認しておきます。前もって出席者から会費を集めておいて、その会費で店に会計をしておきます。来た人に、コートや服などをかけておく場所を知らせたり、席の位置を教えます。

 

 

 

みなが揃った時には、料理やドリンクをオーダーして出してもらいます。その時には、どんなドリンクが良いかを出席者に聞きます。お酒が駄目な人には、オレンジジュースという具合にオーダーします。料理とドリンクが揃ったらば、幹事の挨拶を始めます。みなが見える位置に立って、マイクがあればマイクを使って、ハキハキと喋ります。もしその料理が食べ放題の時には、その内容も伝えます。

 

https://r.gnavi.co.jp/f389409/

 

楽しく忘年会の流れを進める為には、幹事が笑顔で楽しそうに話す事が肝心です。最初から最後まで、ハイテンションで進めていきます。乾杯をする上司に、音頭を行ってもらいます。そこから食べて、飲み始めます。食べるには、一時間ほどは必要とします。その間は、ゆっくりと食べてもらうようにします。

 

 

 

その後に、一息ついてからカラオケやゲームなどを行って忘年会を盛り上げます。カラオケを先に行って、ゲームはあまり短すぎず、長すぎないのがポイントです。楽しいままの雰囲気で、終わりの挨拶を幹事がします。また来年も一緒に楽しく働けるようにという願いを込めて、一年間の労いの言葉をかけてお開きとなります。